工場内で幅広く多岐にわたるライン管理の仕事!

一般的に工場では生産計画に基づいて、納期までに製品を生産して出荷しなければなりません。そのためには資材や原材料の調達をはじめ、人員の確保や配置、工程の進捗状況や品質のチェックなど、生産ラインをトータルに管理することが求められます。その役割こそ、ライン管理あるいは生産管理と呼ばれる仕事です。

基本的な仕事内容としては、まず生産計画を立案があります。ここで製品の種類や数量、あるいは人員の数や配置、さらに原材料の価格や調達ルートなどを決定。次に生産ラインが稼働し始めれば、進捗状況や品質状態などを監督し、もし不測の事態が発生すれば速やかに対応しなければなりません。もちろん工場の業種や規模などによって、細かい仕事内容はそれぞれで異なりますが、いずれにせよ工場の生産ライン全体を統括するポジションにあるため、やるべき仕事は幅広く多岐にわたるのが通常です。

ライン管理の仕事で求められる能力とは?

前述したように、ライン管理の仕事ではライン全体をトータルに把握する必要があります。そのため生産ラインの周囲で黙々と作業するというよりは、現場全体を常に大局的な視点から捉える能力が求められます。また生産計画に基づいてラインを稼働させる以上、計画立案の緻密な計算力や精度の高さ、進捗状況や原材料の過不足などをチェックする管理力、また緊急時には臨機応変に指示して対応できる柔軟性や指揮力など、多彩な能力が必要になります。

ちなみにライン管理の仕事に役立つ主な資格には、生産管理オペレーションや生産管理プランニングあるいは中小企業診断士などが挙げられます。特に生産管理プランニングは、生産計画だけでなく工場全体の生産システムまで体系的に学べるため、これからライン管理の仕事を目指す人には、就職後も大いに役立つはずです。

派遣の仕事探しをする際には、インターネットを上手く活用する事が望ましいです。企業の情報収集や口コミなども記載されている為判断し易いからです。