仕事内容は製造品目で異なる

工場の製造ラインの仕事内容は組み立て・検品・梱包などになりますが、製造品目によって仕事内容や難易度は異なります。食品関連の工場では、食材をカットしたり、加工したり、重量を測りパックしたりして製品としてお店に並べられる状態に仕上げます。口に入る物なので衛生管理には厳しく、顔以外のボディパーツは全て覆うような作業着を着ての仕事になります。機械系の工場は、材料をカットしたり、パーツを運んで組み立てたり、作動状況をチェックしたりします。特に、自動車はパーツも大きく重労働となり、身体的負担の大きい作業となります。化粧品系は容器に詰めたり、ボトルにラベルを貼ったりなどの軽作業が多いため、女性に人気のある職場です。

慣れるまでが大変な仕事

工場のライン作業は慣れてしまえば簡単にこなせますが、慣れるまでが大変です。働き始めてしばらくは、自分だけ作業が遅くラインを止めてしまうこともあるでしょう。流れ作業となるため、手を止めずに作業を続けるコツをつかむ必要があります。製造ラインの仕事は、どの部署を受け持ったとしても1つの作業を黙々と行うため、単調な作業が好きな人に向いているといえます。作業中は他の人と話す必要はないため、職場の人間関係に煩わされることもあまりありません。また、車や大型家電など力仕事が多い製造ラインの仕事は、軽作業の工場よりも給料が高い傾向があります。仕事内容に見合った給料であるかしっかり見極め仕事選びをするのが賢明でしょう。

派遣の求人は、必ずしも高度なスキルや長年の実務経験が求められないことや、職種によっては資格や免許が無くても応募できるといった特徴があります。