必要な部品を集めるのが基本

ピッキングは、製品の組み立てなどに必要な部品を集めるのが基本的な仕事です。例えば、電化製品ならネジや細かい部品などを保管している場所から順に集めて供給するというもので、資格などは必要ありません。そのため、未経験者でも働きやすい仕事といえます。慣れるまで時間がかかることもありますが、保管場所や部品ごとの細かい違いなどを覚えていけばスムーズにこなせるようになります。デメリットとしてあげるなら、慣れてくるとやや退屈に感じることかもしれません。しかし、資格や経験のない人でも工場勤務がしやすいというメリットもあります。求人にもよりますが短期での勤務が多い傾向があるため、一時的に働きたいときも向いている仕事です。

セット商品を揃えるケースもある

ピッキング作業の中には、部品供給とは違って商品を揃える仕事も含まれます。例えば、化粧品や衣類などのセット販売がそうです。通常、この場合のピッキング作業は製品が保管されている倉庫内に多く見られますが、製造工場から直接発送するケースもあります。その場合、製品をセットごとに梱包しなければなりません。その際、セットに含まれる製品を一つひとつ揃えていく必要が出てきます。その作業スタッフを募集する求人も増えているのです。製品のピッキングも、部品供給と同じように慣れるまで時間がかかるかもしれません。1点でも漏れが出るとクレーム対象になるため、点数が多い製品のときには注意深い作業が求められます。しかし、部品供給同様、資格や経験に関係なく働ける点がメリットです。

工場の転職に適した転職エージェントは、地方によって異なります。いくつか調べてみて、工場系に強い転職エージェントを利用するといいでしょう。